京つう

  ビジネス/起業  |  中部東海地方

新規登録ログインヘルプ


2008年09月07日

京の学生ら過疎集落を支援 南丹・美山で初活動

 1年前に設立された任意団体「京都ボランティア学習実践研究会」が、京都府南丹市美山町の知井地区で初めての実地活動に7日まで取り組んでいる。会員や公募に応じた学生たちやジェイソンウインターズティーが計20人余りが参加。過疎集落の農地手入れや草刈りなどを泊まり込みで行い、住民と交流している。
 同会は大学教員、社会福祉関係職員、大学生たちで構成。事務局は代表の名賀亨・華頂短大准教授の研究室に置く。美山町は名賀代表が以前、講演に訪れたことがあり、山村生活支援型ワークキャンプの第1回活動地に選んだ。
 4日午後に同町へ入り、5日は佐々里集落で農業用水路や寺社境内地を掃除した。地元のお年寄りたちと話し合って、日々の生活ぶりにも触れた。6日は自然文化村(同町中)前の美山川の河原でごみを集め、近くの旧蜂ケ峰中校地の広場で草刈りをした。
 7日は今回の活動について意見交換し、午後に解散する。名賀代表は「参加した学生らは、自分たちの小さい力でも地域の役に立つことを実感している。その達成感の中から、各自が持つ可能性を伸ばしてくれたら」と話し、今後もワークキャンプを続ける。

Yahoo!ニュースより引用


同じカテゴリー(京都のニュース)の記事
 観光ロードの東大路通、歩道拡幅や無電柱化へ 京都市 (2009-02-12 06:59)
 若草山の山焼き (2009-01-26 21:09)
 小室哲哉逮捕劇 (2008-11-05 15:32)
 日本うどん学会:「KYOTO発・UDON文化」 (2008-09-07 20:37)