京つう

  ビジネス/起業  |  中部東海地方

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2008年09月07日

京の学生ら過疎集落を支援 南丹・美山で初活動

 1年前に設立された任意団体「京都ボランティア学習実践研究会」が、京都府南丹市美山町の知井地区で初めての実地活動に7日まで取り組んでいる。会員や公募に応じた学生たちやジェイソンウインターズティーが計20人余りが参加。過疎集落の農地手入れや草刈りなどを泊まり込みで行い、住民と交流している。
 同会は大学教員、社会福祉関係職員、大学生たちで構成。事務局は代表の名賀亨・華頂短大准教授の研究室に置く。美山町は名賀代表が以前、講演に訪れたことがあり、山村生活支援型ワークキャンプの第1回活動地に選んだ。
 4日午後に同町へ入り、5日は佐々里集落で農業用水路や寺社境内地を掃除した。地元のお年寄りたちと話し合って、日々の生活ぶりにも触れた。6日は自然文化村(同町中)前の美山川の河原でごみを集め、近くの旧蜂ケ峰中校地の広場で草刈りをした。
 7日は今回の活動について意見交換し、午後に解散する。名賀代表は「参加した学生らは、自分たちの小さい力でも地域の役に立つことを実感している。その達成感の中から、各自が持つ可能性を伸ばしてくれたら」と話し、今後もワークキャンプを続ける。

Yahoo!ニュースより引用  


Posted by h981057b at 20:39京都のニュース

2008年09月07日

日本うどん学会:「KYOTO発・UDON文化」

◇大学関係者ら180人
 うどんなどのめん文化を研究する「日本うどん学会」の第6回全国大会が6日、伏見区の種智院大で開かれ、府内外から大学関係者ら約180人が出席してさまざまな研究報告や討論に耳を傾けた。
 今回のテーマは「KYOTO発・UDON文化を語る」。同大学の吉田元教授が「禅寺の麺(めん)食」と題して講演し、室町時代から江戸時代初期に禅寺で食べられた麺食の種類や食べ方を紹介した。
 シンポジウム「UDON世界を翔(か)けるか」では、富士宮やきそば学会(静岡県)の渡辺英彦会長が「おいしいものは各地にたくさんある。情報発信力を大切にすることで認知度が上がる」と主張。海外展開のあり方などについて、麺に魅せられたパネリストやハーブティーダイエットに対してが白熱した議論を展開した。
 会場ではうどん作りの実演や、強いコシが魅力の「讃岐うどん」(香川県)とのど越しが印象的な「五島うどん」(長崎県)の食べ比べや販売もあった。

Yahoo!ニュースより引用  


Posted by h981057b at 20:37京都のニュース

2008年09月04日

京都のケーキバイキング

京都のオススメケーキバイキング店を紹介します。

京都宝ヶ池プリンスホテル ロビーラウンジ

この道28年のベテランのパティシエが作る本格的なケーキの数々が好きなだけ食べられます。
さらに、ほとんどがソファー席で、ホテルの中庭や茶寮のある日本庭園を眺めながらの
ケーキバイキングでは優雅な時間が過ごせます。


コーヒーハウス コルベーユ (リーガロイヤルホテル京都)

京都駅から近く、観光の拠点としても便利なロケーション。
店内は広く、ゆったりでき、明るく上品な雰囲気でくつろげます。
特製ケーキやフルーツが満載のケーキバイキングです。
  


Posted by h981057b at 17:28オススメのお店